ケーキ屋さんで出会った子に恋をした

 

 

結婚式が近づいて過去を振り返ってたら

わりとネタ人生だったのでまとめてみた。

 

すべてのはじまりは、とあるデパ地下の寿司屋でバイトを始めたことだった。

 

いや、すべてのはじまりは「NO」と言えない性格に育ったことか…。

 

何となく高校を卒業して可もなく不可もない大学に入学した俺。

便所飯するほどじゃなかったが友達と呼べる友達もおらず

大学とバイト(当時はピザデリバリー)の往復だった四年間。

 

就職活動もロクにせず、何となく「公務員にでもなるか」と思い、卒業してから勉強を始めた。

まあしばらくニートできるくらいの貯蓄はあったんだよ。

大学時代どこにも出かけてないからなって言わせんな恥ずかしい。

 

真剣に勉強してないから当然受かるはずもなく

だらだらと勉強してるようなしてないような

八割方ニート生活を送って早三年が経とうとしてた。

 

ここで人生を大きくかえる出来事が起ろうとは…。

 

ある日のこと。

 

もはや2ch閲覧グッズと化していた鳴るはずのないiPhoneが鳴った。

 

知らない番号からだった。

 

「もしもし?林くん?」

 

「えっ、あっ、はい……??」

 

間違いなく林は俺なのだが、相手は知らない女の子の声だった。

 

「わたし、佐藤でーす。覚えてないよねー?^^:」

 

佐藤…………………知らん。

だが会話という会話は【母としこ】と【妹めぐみ】のみの生活だった俺には、

女の子と言葉を交わすということが非日常的すぎてだいぶ混乱気味だった。

 

「ご、ごめん、えと、あの、」

 

「三年生のときゼミ一緒だったんだヨー^o^」

 

話の内容によると、久しぶりに大学の女友達で集まったら、

思い出話になって俺の話になって俺と話したくなって電話したらしい。

 

「それでね、よかったら今度、林くんと会いたいナーって^^*」

 

なに?なんなの?俺の時代はじまっちゃうの??

 

魔法使い覚悟してたけど勇者になっちゃうの??

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です