「誇りには思ってるけど…履歴書には書けないことはある?」心に秘めた自慢できることいろいろ

誰にでも自慢のひとつやふたつはあるものですが、必ずしもそれを公にしているとは限りません。

海外掲示板に、
「心の奥底で誇りに思っているけど、履歴書には載せないものはある?」という質問の投稿がありました。

それぞれの他人に誇れることをご紹介します。

What’s one thing you’re deeply proud of ? but would never put on your resume?

●同僚とプログラミングのイタズラ戦争をしていた。
彼が特定のソフト(ビジュアルスタジオ)を閉じるたびに、“Comic Sans”(手書き風フォント)にコンフィグのサービスを書いた。
Comic Sans
そのサービス名をアンチウィルスソフトの名前でみんなのPCにもインストールしておいた(でもいたずらは彼にだけ)。そうすると彼は気づけないので。
その状況はクレイジーに何週間も彼を追い詰め、最後は負けを認めた。

↑他にはどんないたずらを?

↑マウスボタンの交換、逆にしたり、クリックの間隔を変えたりした。マウスを上にあげるとカーソルは下に進んだりね。PCでは特定のキーを押すとロックさせたりね。でも最悪なのは、デフォルトブラウザをIEにすることだった。

●自分の間違いを簡単に認めるのが得意。残念にも仕事では、それは気が変わりやすいと考えられてしまう。

●ニンテンドーWiiのマリオストライカーで2カ月ほど世界8位にランクしていたこと。

●アニメのフェチな趣味の女の子を描いて、毎月2〜500ドルほど(約2〜5万円)稼いでいる。

●警察官に応募するとき、過去最高に「成し遂げたこと」の欄にポケモン(TCG)の州チャンピオンに4回なったことを書いたよ。

●優秀な学校の学位を、オンラインコースで誰も気づかれずに仕事中に取得した。

●猫に理解させて、かくれんぼができるようになった。

↑それは履歴書に書ける。

●うちの犬に冷蔵庫からビールを持ってこさせることを教えた。

●駐車場の4階から投げられたグミを口でキャッチした。

●tumblrのアカウントに10万人以上のフォロワーがいるが、誰にも言えない。

●アルコールをやめたことを誇りに思っているが、会話にしづらいので話していない。

●一度シリアルキラー(連続殺人者)から思いやりがないと言われた。

●RuneScape(イギリスのオンラインRPG)では大金持ちなこと。

●専門的に公共で販売した作者である。本を出したってこと。

●1960年時代の最高のギターペダルのコレクションを持っている。集めるのに何年もかかったけど、それに興味がある人は他にいない。

●17歳のときにエアライフルでオリンピックを目指していて、もう少しのところだった。
●自分に投げられたキーを受け損ねたことがない。

●仕事に応募して採用されなかったことがない。

たしかに履歴書に書く類ではないことが多いですが、それぞれが誇りに思っていることが伝わってきますね。

関連記事